金融スクエアbang!不動産投資

老後のための年金プラン

パソコンを見る老夫婦

若い人が65歳以降の老後の計画を考えるのは、なかなか難しいと思いますが、漠然とでもいいのでいくらくらいあれば暮らしていけるかを把握しておくことをお勧めします。

サラリーマンの退職後の生活では、1ヶ月にいくら必要かという調査結果では、夫婦2人で月38万円は必要という結果が出ています。

スポンサードリンク

38万円が必要なのにもかかわらず、現在厚生年金で受給される金額は、夫婦2人で24万円です。

後の14万円はどのよう捻出すればいいでしょうか。

現時点で24万円なので、将来受給対象年齢に達したときには、さらに受給額が減っている可能性も高く、差額は現在よりもさらに大きくなるでしょう。

国民年金加入者は、受給金額が非常に少ないことから、老後の安定した生活を手に入れるために30代から40代頃から何らかの蓄えを用意する必要があります。

自分が65歳になったときの支給額が確定していないのは非常に不安ですが、保険会社や銀行などの年金型商品などを利用して、無理のない範囲で老後の生活費を蓄えておきましょう。

住居が持ち家か賃貸かでも老後の生活は変わってきますが、収入が年金しかないと仮定して計画を立て、ゆとりのある生活が送れるように若い時から準備しておくことが大切です。

関連記事

おすすめ記事

  • お金を夢見る老夫婦
    国民年金基金

    国民年金基金とは、国民年金加入者を対象にした制度で、より豊かな老後を過ごせるよう…

  • 表現する女性
    あきらめないで、老齢年金

    老齢年金とは、いわゆる老後の年金のことです。年金に25年以上加入をしている人が、…

  • 電卓
    共済年金とは

    現在の公的年金制度は国民年金、厚生年金、共済年金の3種類にわかれています。 共…

  • お金
    国民年金はいくら貰えるのか

    年金は20歳になったら加入しなればならない制度ですが、若者たちが積極的に加入しな…

  • 下降
    先細りしていく年金制度

    年金の限界とは 厚生年金は毎月支払われる給与から差し引かれて納付されますが、こ…

ページ上部へ戻る