国民年金の基礎知識

仲良しカップル

国民年金とは、老齢・障害・死亡に関して必要な給付を行い、健全な国民生活の維持・向上に役立てることを目的とした日本の公的年金です。

日本国内に住所があり、20歳から60歳の全ての人に加入する義務があります。

年金には、国民年金、厚生年金、共済組合(年金)の3種類がありますが、国民年金というと、自営業者、農業者、学生などを対象にした制度です。

国民年金加入者は、支払い手続きを自分で行い、毎月約1万4千円を収める義務があります。

民間サラリーマンは厚生年金への加入が義務付けられています。

毎月の給与から差し引かれる仕組みのため、自分で支払いを行ったり手続きをする必要がありません。

公務員や私立学校教職員は共済組合に加入します。

厚生年金と同様に、給与から差し引かれて収めます。

厚生年金加入者の配偶者の年金も夫の給与から支払われていますが、収入が年に130万円を超えた場合は、別に年金を支払う必要があるので、注意が必要です。

20歳になったら全国民が加入する義務があります。老後の生活の安定のためにも必ず加入しましょう。

関連記事

おすすめ記事

  • 下降
    先細りしていく年金制度

    年金の限界とは 厚生年金は毎月支払われる給与から差し引かれて納付されますが、こ…

  • 働く女性
    個人年金とは

    個人年金は、生命保険会社や銀行などが発売している商品です。 好きな商品を選んで…

  • 年金アドバイザー
    年金アドバイザーについて

    年金アドバイザー検定というものをご存知ですか。 年金制度やそれに関わる手続きな…

  • お金
    国民年金はいくら貰えるのか

    年金は20歳になったら加入しなればならない制度ですが、若者たちが積極的に加入しな…

  • 電卓
    共済年金とは

    現在の公的年金制度は国民年金、厚生年金、共済年金の3種類にわかれています。 共…

ページ上部へ戻る