金融スクエアbang!不動産投資

年金の受け取り方

夫婦

65歳になって年金を受け取るときには、自分で手続きを行わなければなりません。

自分から請求しない限り、65歳になっても年金は受け取れないということです。

年金支給は、65歳になった翌月から行われます。

スポンサードリンク

手続きが終わるまでに2、3ヶ月の期間がかかりますが、その間の支給額は後ほどまとめて振り込まれます。

振込は手続きが終了すれば決まった日に行われます。

偶数月の15日に2ヶ月分まとめて振り込まれます。

年金を受給する手続きを本人ができない場合は、委任状を作成して家族の人に代わりに手続きを行ってもらうことができます。

国民年金も厚生年金も、受け取り手続きをする時は社会保険事務所に備え付けの「老齢給付裁定請求書」を提出しなければなりません。

「老齢給付裁定請求書」を提出すると「年金証書」が送られてきます。

支給額や基礎年金番号など、非常に大切な情報が記載されていますので、大切に保管しましょう。

長年支払い続けた保険料です。

手続きを忘れて受給が行われないということのないように、65歳になったら早めに手続を行いましょう。


年金を何歳で受け取るか

普通65歳になってから国民年金を受給しますが、60歳から国民年金を受け取ることもできます。

60歳で定年になったあとの再就職はとても難しく、まだまだ働きたいと望んでも、働く場がなかなか見つからないのが現状です。

今後もこの傾向はますます大きくなるでしょう。

60歳を定年と定めている企業が多い中、年金受取年齢が65歳では、5年間もの間、無収入でくらさなければなりません。

その期間の生活費を得るために、対象年齢を繰り上げて年金を受け取る人も多いのです。

しかし5年間も早く受け取るのでは、その分、貰える金額が少なくなってしまうのではないでしょうか。

国民年金だけに加入していた人は繰り上げ受給を行うことで、その分の金額が減額されます。

しかし厚生年金や共済年金に加入している人は、元々60歳が加入開始とされているので減額されることはありません。

逆に60歳で受け取れるのにもかかわらず、65歳からの受給を行ったとしても、貰える金額が増えるわけではありません。

66歳以降に繰り下げをすると割増されますが、65歳までの年金を受け取らなければいけません。

あまり遅くに年金を請求すると、受取額が減ってしまうことがあるので、受給開始年齢での手続きをお勧めします。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る