金融スクエアbang!不動産投資

離婚と厚生年金

悩んでいる夫婦

厚生年金へ夫が加入している場合、その妻は第三号被保険者として年金へ加入することになりますが、離婚した場合の年金はどうなるのでしょうか。

平成19年4月以降、離婚した場合には、合意分割制度によって、厚生年金加入時の納付記録を分割することが可能です。

スポンサードリンク

離婚後2年以内に両者で分割の割合を協議して、社会保険庁に請求を行います。

分割割合は合計額の半分と定められており、夫婦同額になるように決められています。

離婚後2年以内に社会保険庁に請求を行わなければなりません。

離婚時の協議で年金分割の合意を得られなければ、相手方の居住地の家庭裁判所に申立を行います。

申立書と手数料、郵便切手、必要書類を揃えて、年金分割のための情報通知書を提出して裁判所に分割割合を決定してもらいます。

平成20年4月1日以降に離婚した場合は、合意分割制度と3号分割制度によて分割割合が2分の1と定められました。

覚えておかなければならないのは、あくまでも記録の分割であって、離婚後すぐに分割した年金が受けてれるわけではないということです。

さらに国民年金加入者は非対象なので注意が必要です。

どちらか一方のみに多大な非があって離婚した場合でも、年金は2分の1と決められています。

夫婦共働きの家庭が増えてきた現在では、夫より妻の収入が多く妻から夫へ分割することもあります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る