金融スクエアbang!不動産投資

20歳になったら国民年金に加入しましょう

若い仲間たち

国民年金は日本に住んでいる20歳以上の人が加入することを義務付けられています。

20歳になった学生やフリーターは、自分で国民年金加入の手続きを行わなければなりません。

スポンサードリンク

既に就職している人は、会社が厚生年金加入の手続きを行い、給与から保険料が差し引かれていますので、手続きの必要はありません。

学生の多くは収入に余裕がなく月々の保険料を支払う能力がないことや、わざわざ手続きに出向くのも面倒で、加入しない人が大勢います。

しかし無収入の学生であっても、20歳になったら加入しなければいけません。

就職するまでは親が保険料を支払ってくれることが多いでしょうが、「学生免除特例制度」や「若年者納付猶予制度」など、保険料の納付を免除または猶予してくれる制度があります。

アルバイト収入があっても、毎月の年金保険料を確保することは大変だと思います。

その時には「保険料免除制度」を利用することができるので、とりあえず20歳になったら加入手続きを行ってください。

年金の加入手続きも若者を対象にしたさまざまなな制度も、全て自分で申請する必要があります。

成人になった自覚を持って、国民の義務を遂行しましょう。

20歳の時には65歳の自分の姿など、到底想像できないと思いますが、人はだれでも確実に年を取ります。

その時になって慌てないためにも、収入の有無にかかわらず加入手続きを行いましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る