国民年金の宿

障子

「国民年金の宿」をご存知ですか。国民年金加入者なら誰でも格安な料金で利用できる、公共の宿です。

国民年金加入者でなくてももちろん宿泊できますが、厚生年金加入者の場合は料金が1千円ほど高くなります。

利用するときには、国民年金加入者であることが証明できるものを持参する必要があります。

宿泊以外のさまざまな施設も併設されており、結婚式場や温泉、ゴルフやテニスの練習場やプールなど、内容は場所によってさまざまですが、非常に充実しています。

北は青森から南は沖縄まで日本全国に点在しています。

格安料金で宿泊出来るので、旅行代を節約したい家族連れなどにとても人気があります。

また、会社の研修や社員旅行から、家族や友人との旅行など幅広い用途に利用できるのも魅力です。

しかし現在では、財政悪化により、経営が厳しくてもこれ以上の税金を投入することができず、すべての国民年金の宿は閉鎖されてしまいました。

いつかまた、この制度が復活してくれたら、と願っている人はとても多いと思います。

関連記事

おすすめ記事

  • 仲良しカップル
    国民年金の基礎知識

    国民年金とは、老齢・障害・死亡に関して必要な給付を行い、健全な国民生活の維持・向…

  • 電卓
    共済年金とは

    現在の公的年金制度は国民年金、厚生年金、共済年金の3種類にわかれています。 共…

  • 3世代家族
    遺族年金とは

    遺族年金という言葉を聞いたことがありますか。 遺族年金には、遺族基礎年金と遺族…

  • お金
    国民年金はいくら貰えるのか

    年金は20歳になったら加入しなればならない制度ですが、若者たちが積極的に加入しな…

  • 年金アドバイザー
    年金アドバイザーについて

    年金アドバイザー検定というものをご存知ですか。 年金制度やそれに関わる手続きな…

ページ上部へ戻る