金融スクエアbang!不動産投資

海外勤務をするサラリーマンの年金について

飛行機

サラリーマンは厚生年金に加入しますが、海外へ転勤になった場合に、勤務地の国の年金制度に加入しなければならないことがあります。

第2号被保険者は海外にいても、日本の年金制度に加入し続けることが出来るため、日本と海外の2つの年金に加入している人も出てきます。

スポンサードリンク

2つの年金制度に加入するということは、保険料も2倍になるということです。

この場合、さまざまな問題が発生します。

海外と日本では制度が異なる場合が多いため、支払った保険料を受給することができず、ただの掛け捨て保険として支払っただけというケースもあるのです。

このようなことが起こらないために社会保障協定が結ばれており、海外へ転勤する人が損をしないように取り決めが進められています。

社会保障協定では、海外勤務の期間が5年以内の場合は、赴任先での加入は免除され、現状のまま日本の厚生年金加入が継続されます。

年金の加入期間と受給額には密接な関係があるので、自分が加入している年金が将来確実に受給できるのかどうか、不安になると思います。

年金加入が最低必要とされる期間以上なら、それぞれの国ごとに加入期間に応じた年金が受けられるように、こちらも社会保障協定によって定められています。

海外へ赴任する前に経理担当者や社会保険事務所へ確認をして、手続き漏れのないように注意しましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る