金融スクエアbang!不動産投資

先細りしていく年金制度

下降

年金の限界とは
厚生年金は毎月支払われる給与から差し引かれて納付されますが、この金額がそのまま65歳から受け取れるわけではありません。

スポンサードリンク

そうであれば安心なのですが、今納付している保険料は、現在の年金受給者の支給に当てられています。年金受給者の人数より、年金加入者の人数が多かった時代はスムーズに機能する制度でした。

しかし、年金加入者数が受給者数より少なくなってしまった現在は、非常に危機的な状況に立たされています。

「団塊の世代」は何かにつけ耳にする言葉ですが、戦後の第1次ベビーブームに産まれた人たちを指し、この世代が年金受給者になると受給者数が急増し、受給者と加入者のバランスが大きく崩れてしまいます。

加入者も同じように増えていけば理想的ですが、今後少子化は益々進むと考えられており、年金加入者の増加は見込めません。若者の間でも、国民年金加入率が減少しており、今後の年金受給額にさらなる悪影響を及ぼすでしょう。

この問題を解決するためにさまざまな協議が行われていますが、未だにこれといった解決策が見当たらないのが現状です。

「国民年金制度があるから老後は安心」だった時代はもはやさりました。老後の生活の安定を確保するためには、制度に頼るだけではなく、自分でもある程度の貯蓄をして自衛策を講じることが必要になってきました。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る