金融スクエアbang!不動産投資

退職後の収入と年金

笑うおじいさん

退職後も働いた場合の年金

現在、ほとんどの企業では60歳を定年と定めていますが、まだまだ体力も気力も横溢な年代なので、再就職をして働く人も大勢います。

スポンサードリンク

けれど60歳以降に厚生年金に加入しながら働くときには、年金が減額されないように注意する必要があります。

年金支給額と給与を足した額が1ヶ月に28万円を超えると年金が支給停止になる場合があります。

在職老齢年金は、年金支給額と月々の給与額、過去1年間の賞与額の3つを計算して行われます。

支給停止対象になっていないか確認をしておきましょう。

年金が支給停止されないように月に28万円以下の収入になるように労働時間などを調整する必要がありますが、勤務時間が正社員の4分の3未満の場合は、厚生年金への加入が出来なくなります。

厚生年金加入者以外は、年収が高くても年金の減額や支給停止はされないので、契約社員やパートで働く高齢者も多いのです。

公務員への転職や自営業を始める場合も厚生年金は関係してきませんので、年収を増やしたいと考える人には適しています。

収入より生きがいを求めて厚生年金に加入したまま働くのか、より収入を得るために厚生年金加入を諦めるか、じっくり考えて定年後の新しい人生を歩んで下さい。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る