金融スクエアbang!不動産投資

厚生年金の基礎知識

サラリーマン

厚生年金とは、サラリーマンが加入する年金のことをいい、定年後の生活に備えて毎月の給与から差し引かれるシステムになっています。

自分で加入申請を行う必要はなく、会社に入社すると会社が厚生年金の手続きを行います。

給与明細書を確認していくら差し引かれいてるかをチェックしてみましょう。

スポンサードリンク

毎月の給与額だけではなく賞与の額も加味して、厚生年金保険料が計算されています。

退職するまでの期間、厚生年金の加入は継続されます。

厚生年金の被保険者期間はつき単位で計算されます。

退職をした場合は、厚生年金の資格が消失した月を確認して、国民年金への切り替えを行う必要があります。

再就職をすれば再び厚生年金へ加入することになりますが、年金支払月に空白のないように注意しておかなければ満額受給が難しくなるかもしれません。

厚生年金への加入が義務付けられている事業所は、従業員が5人以上の会社や公共団体、法人事務所です。

特例として加入義務が免除されている場合が稀にありますが、万が一自分の給与明細に厚生年金保険支払い額が記載されてない場合は、会社の経理に確認してもらいましょう。

一生同じ会社で働くことが一般的だった昔の比べて、現在では転職するのが当たり前のようになりました。

入社や退社を繰り返すうちに、うっかりして年金の支払に空白ができてしまうと、年金の満額支給が行われない場合がありますので注意することが大切です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る