金融スクエアbang!不動産投資

収入のない学生も年金へ加入する

大学

20歳になったら国民年金に加入して保険料を納める義務がありますが、学生の場合は社会人ではないという意識から加入していない人が大勢います。

たしかにまだ働いていないうちから、年金の保険料を払うのは実感がわかないと思いますが、自分の将来のためにもなることですから20歳から加入しましょう。

スポンサードリンク

保険料を支払うだけの経済的余裕が無い場合は、「学生納付特例制度」を利用し、保険料納付を猶予してもらうことができます。

「学生納付特例制度」は、20歳以上の学生で前年度の所得が決められた額より少ない場合、保険料の支払いを猶予してもらえる制度です。

決められた所得額とは、「118万円+扶養親族等の数×38万円+社会保険料控除」等となっていますが、扶養親族等の数とは学生が養っている家族のことを指します。

社会保険料控除とは、健康保険料などを支払った金額の合計ですが、学生の場合は親が支払っている場合が大半です。

学生結婚をしておらず、健康保険料を親が支払っている場合は、年間118万円以下の収入であれば「学生納付特例制度」を受けることができるのです。

年金は、加入期間が短いのと受け取れないことがあります。

就職してから加入するという考え方をやめて、「学生納付特例制度」を利用しても20歳から加入した方がお得です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る