金融スクエアbang!不動産投資

年金アドバイザーについて

年金アドバイザー

年金アドバイザー検定というものをご存知ですか。

年金制度やそれに関わる手続きなどは、老後の生活に密接したとても大切な事です。

しかしその仕組みは複雑で、なかなか簡単に理解することができません。

スポンサードリンク

年金アドバイザーは、わかりにくい年金に関する専門知識を持ち、相談者が正しく年金を受け取れるようにアドバイスできる能力を認定する資格です。

銀行業務検定という検定試験の中の1つなので、主に銀行や金融業界で働く人が受ける資格ですが、一般の人でも勉強すれば取得可能な試験です。

社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー、中小企業診断士などの資格を持つ人が、業務範囲の拡大を目的に取得することも多いようです。

年金に関する相談や説明、指導が主な仕事内容ですが、これからの高齢化社会に伴って、今後益々需要が増えていくと考えられています。

年金アドバイザーには2級から4級までの資格があり、社会保険労務士を目指す人の大半は、3級を取るようです。

社会保険労務士になるためには、国民年金法や厚生年金法の理解が不可欠なので、年金額計算の構造とそのシステムや年金額を理解することが資格取得に役立ちます。

問題を暗記して答える形の試験だけではなく、アドバイザーになるための試験なので、質問されたことや相談されたことに的確に答えられる能力が必要です。

金融機関などで年金の相談に対応するためには、年金アドバイザー2級の取得を目指すといいでしょう。

この資格に合格すると、年金の相談に正しく答えられるだけではなく、専門家として年金業務に関する指導を行なうこともできます。

費用は、2級は5,250円、3級は3,150円、4級は2,625円です。満点の60%以上が合格条件です。

関連記事

おすすめ記事

  • お金
    国民年金はいくら貰えるのか

    年金は20歳になったら加入しなればならない制度ですが、若者たちが積極的に加入しな…

  • 仲良しカップル
    国民年金の基礎知識

    国民年金とは、老齢・障害・死亡に関して必要な給付を行い、健全な国民生活の維持・向…

  • 働く女性
    個人年金とは

    個人年金は、生命保険会社や銀行などが発売している商品です。 好きな商品を選んで…

  • 悠々自適な老夫婦
    年金で老後を過ごすための生涯設計

    深刻な経済危機を迎えている日本では、働いていてもを維持していくのが大変なのに、老…

  • お金を夢見る老夫婦
    国民年金基金

    国民年金基金とは、国民年金加入者を対象にした制度で、より豊かな老後を過ごせるよう…

ページ上部へ戻る