金融スクエアbang!不動産投資

年金制度は破綻しないか

空の財布

年金制度は老後の暮らしを守るために必要な制度ですが、高齢化が進む上に、深刻な少子化問題を抱える我が国では、年金制度が破綻してしまうのではないかと不安になります。

スポンサードリンク

平成16年までは物価や賃金の水準を考慮して年金額を決めていたのですが、それ以降は平均寿命や被保険者数なども考えに入れた「マクロ経済スライド」で年金額を決めるようになりました。

公的年金は、老後の生活を保障する命綱です。

物価の上昇や下落が起こった場合でも、一定のレベルの収入源として支給されなければなりません。

年金未納の人が多いのも破綻の危惧を抱く大きな一因ですが、厚生労働省によると未納者が多くても破綻はしないということです。

3割以上もの人が保険料未納であるのにもかかわらず、将来にわたって破綻の心配はないとの報告に不信の声も上がっていますが、保険料引き上げや支給額の減給などで穴埋めしていく心づもりのようです。

高齢化が進む一方の我が国では、20歳以上の国民全員が保険料を納付したとしても、国の負担が大きくなることは明らかです。

支払った保険料より少ない金額しか支給されないという事態が起こらないように、今後もさまざまな議論が進められていくでしょう。

利息制限法とお金についての情報サイト

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る