金融スクエアbang!不動産投資

老齢年金と税金

役所

すでに年金の受給を受けている人は、毎年行われる確定申告によって、年金が課税対象であることを知っている人が多いのですが、老後に支給される年金に税金がかかることをしっている若者はほとんどいません。

スポンサードリンク

年金の中でも、障害年金と遺族年金は非課税ですが、老齢年金には課税が行われます。

老齢年金は所得とみなされるので、給与と同じように源泉徴収されます。

これは自分で確定申告をする必要があります。

老齢年金を受け取っているすべての人が税金を払うのではなく、65歳以上では158万円以上、65才未満では108万円以上の年金を受け取っている人が対象です。

課税対象者は、毎年10月頃に社会保険庁から「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」が送られて来ますが、これを提出するかどうかでも課税額などが変わってきます。

「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」を提出する必要があります。

そうでないと各種控除が受けられないだけでなく、源泉徴収税率も変わってきます。

「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」は電子申請もできるので、うっかり送付期限が過ぎてしまった場合でも、早急に送れば受理してくれます。

必ず提出しましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る